IT導入補助金 対象製品

Vectorworksの使い方を分かりやすく解説(2020年度版)

Vectorworks 2020において、お問い合わせの多い使い方や操作方法について解説します。

これからご導入を検討中の方はもちろん、年間契約型サービス Vectorworks Service selectに加入済みのお客様は最新バージョンの無償提供特典を利用して、Vectorworks 2020のご利用をご検討ください。

クライアントの印象に残る新しいウォークスルーアニメーション

アニメーションオプションが刷新され、モデルのアニメーションビデオを表現することが大幅に簡単になりました。

ウォークスルーパスとカメラの動きを本格的なリアルタイムアニメーションに変換できます。アニメーションの完成はこれまでよりもとても簡単です。1回のクリックで360°のパノラマムービーを作成することも可能です。さらに、クラウドでのレンダリング機能によって、ワークフローを妨げずにアニメーションを作成できます。

  • * 全てのエディションで利用可能。

連携を強化するRevit取り出し

協働設計を実現しようとすると、Revitユーザーとやりとりしなければならない場合が増えています。ODA BIMライブラリに基づく新しいRevit取り出しによって、VectorworksでRVTやRFAファイルを取り出せるようになり、Revitユーザーと作業することがやりやすくなっています。

Vectorworks 2020の取り出しでは、全ての3D Vectorworksオブジェクトが、Revitのジオメトリを備えたDirectShapeタイプのオブジェクトとして取り出されます。

  • * Architect、Landmark、Spotlight、Designerで利用可能。

統合されたGIS

新しい地理情報システム(GIS)ツールセットとEsriのArcGISオンラインサービスにより、GIS情報とBIMモデルとの統合が格段に容易になりました。Vectorworksファイルで適切な座標系を選択した後に住所を入力するだけで、プロジェクトに正確な位置情報を設定できます。

ArcGISおよびWMSサーバーを通じて、ストリートマップ、衛星画像、またはほかのイメージを素早く設計に組み込めます。別途有料のArcGISオンラインサービスプランを契約すれば、Vectorworksでさらにほかの地図やイメージにもアクセス可能です。

  • * Architect、Landmark、Designerで利用可能。

BIMobjectブラウザー

Vectorworks ArchitectとLandmarkでは新しいインターフェイスのBIMobjectブラウザーで、デザイン環境を離れずにモデルに必要な正しいコンテンツをこれまで以上に速くさらに効率的に、検索、ダウンロード、および配置できます。

取り込みポイント数は調整でき、取り込み後であっても部分的な表示/非表示が可能です。

  • * Architect、Landmark、Designerで利用可能。

BIMobjectとは

建設業界におけるBIM object(建材部品など)のデジタルプラットフォームとして公開されたサイトが「BIMobject」です。

2017年末には野原ホールディングス株式会社により「BIMobject Japan」が設立され、日本国内の建材メーカーも積極的にBIM object(建材部品など)を活用する環境が提供されるようになりました。BIMobjectはBIMオブジェクトを取り扱うサイトの中で訪問者数・登録ユーザー数・オブジェクト数・ブランド数・製品の閲覧/ダウンロード数でNo.1を誇ることから、世界規模のプラットフォームに成長しています。

BIMでBuilding Information Marketing(デジタルマーケティング戦略)

詳しい使い方を一冊の資料にまとめています

Vectorworksの豊富な搭載機能をご利用いただくに当たって、基本的な操作を一冊の資料にまとめています。無料でダウンロードいただけますので、お気軽にお取り寄せください。

資料ダウンロード(無料)