IT導入補助金 対象製品

Vectorworksの使い方を分かりやすく解説(2017年度版)

Vectorworks 2017の豊富な機能をご利用いただくにあたり、お問い合わせの多い使い方や操作手法について解説します。バージョン2017では、Renderworksのビジュアライズ機能も標準搭載しているため、レンダリングについても触れています。

3Dモデルのレンダリング

Vectorworksは作成したモデルを表現するために多彩なレンダリングモード(Renderworks)を搭載しています。用途に合わせて、リアルな3Dオブジェクトを表現できます。例えば、太陽光設定(フィジカルサン、フィジカルスカイ、Warm Coloors<暖色>)(注1)を設定すると、任意の日付・場所で太陽光の位置と影がどのようにモデルにかかるかを表せます。

  • (注1)Fandermentals以外のVectorworksデザインシリーズで使用可能。

時刻の比較(背景、建物に当たる太陽光が時刻に合わせて変化する状況を表現)

シートレイヤーとビューポート

Vectorworksは図面を管理するためにデザインレイヤーとシートレイヤーと呼ばれる2種類のレイヤーを搭載しています。ここではシートレイヤーと主にシートレイヤー上で使用するビューポートの概略について説明します。

シートレイヤーは例えるならば、プレゼンテーションボードのようなイメージの機能です。デザインレイヤー上で実際の作図を行い、シートレイヤーに作図した成果を配置して使用します。シートレイヤーは常に1対1の縮尺でほかのレイヤーは非表示になります。見え方は2D/平面ビューに固定されています。

シートレイヤー上に作図の成果を表現するために使用するのがビューポートです。ビューポートはデザインレイヤーで作図した図形を写真撮影し、シートレイヤーに配置して使用するイメージです。写真と違うのは、デザインレイヤーの図形と連動した表示に更新が可能であることと、画角やレンダリングなどの表示についての設定を個別に設定できることです。

ビューポートは一つのモデルに対して複数作成できます。建築用の図面を作図する際は、一つのモデルから複数のビューポートを作成し、東西南北の各立面図とパースをシートレイヤーにレイアウトして使用できます。元にしたモデルが変更になっても、ビューポートを更新するだけで画角やレンダリングの設定は保ちながら、モデルだけを更新できます。

シートレイヤーとビューポートの機能イメージ

シンボル図形

Vectorworksには「シンボル図形」と呼ばれる図形があります。繰り返し使用する図形をテンプレート化するようなイメージです。図形の情報をファイルのリソースデータとして登録することで、同じ形状や属性の図形を繰り返して配置し作図できます。一つのシンボルとして、2D、3Dまたはその両方(ハイブリッドシンボル)の図形の登録、文字列、プラグインオブジェクト、グループ図形、ワークシートなど、さまざまな図形を登録してご利用いただけます。

リソースデータになっているため、別のファイルから取り込んでの使用が可能です。同じバージョンのほかのファイルに登録したシンボルも取り込んで再利用可能です。

PDFの取り出しと取り込み

Vectorworksデザインシリーズをご利用の方はPDFファイルの取り出しと取り込み機能をご使用いただけます(Fundamentalsは対象外)。

取り出し

デザインレイヤー、クラスをPDFレイヤーとして出力したり、文字データをイメージに変換し出力するなど、いくつかの取り出しオプションがあります。3Dモデルを3D PDFとして取り出して、さまざまな関係者に自由に閲覧させることも可能。

取り込み

取り込んだPDFデータへのスナップや図面の縮尺に合わせて伸縮も可能。

  • PDFの取り込みはファイル>取り込む>PDF取り込みにて設定

  • データパレットの図形のスナップを有効にするにチェックを入れるとPDF内のジオメトリにスナップが可能になる

印刷のための用紙設定

作図する図形のレイアウトや位置を把握しながら作図できるように用紙の大きさと向きを設定します。

  1. メニューから、ファイル>用紙設定を選択。
  2. 用紙設定ダイアログボックスのプリンタ設定ボタンをクリックして、プリンターと用紙向きを指定するダイアログボックスを表示(Windows:印刷ダイアログボックス、Mac:ページ設定ダイアログボックス)。
  3. 使用するプリンターと用紙サイズ、向きを設定して、OKボタンで用紙設定ダイアログボックスに戻る。
  4. 1枚の用紙内に作図するために、用紙の枚数にある横と縦の数値が「1」になっていることを確認。

Vectorworksで作図を始めるときは、スムーズに作図を進められるように最初に次の設定も行いましょう。

  • 縮尺設定
  • 単位設定
  • デフォルト設定(フォント、属性、スナップ)

動画で分かる 新機能解説

詳しい使い方を一冊の資料にまとめています

Vectorworksの豊富な搭載機能をご利用いただくに当たって、基本的な操作を一冊の資料にまとめています。無料でダウンロードいただけますので、お気軽にお取り寄せください。

資料ダウンロード(無料)