FlowDesigner 美しく多彩な結果表現

FlowDesignerのグラフィック機能は、他の熱流体解析ソフトと同様に簡単に結果出力ができるのはもちろん、説得力のある結果に仕上げる機能や直感的に伝わるVR表示機能を備えています。

1.シンプルな操作ですぐに結果出力

FlowDesignerで解析を行ったあとは、結果表示で見えない気流や温度分布を可視化します。ベクトル表示、コンター表示、材質を考慮したオブジェクト表面のコンター表示、等値面表示、流線表示を行えます。

2.解析結果をより美しく、説得力のあるものに

グラフ表示

指定した場所の結果分布を結果表示画面で直接グラフ表示できます。CSVファイルを出力せずに「直線状の温度分布」「指定した場所の流速時間変化」「領域内の温度ヒストグラム」などを表示できます。

グラフ表示

結果CAD出力機能

ベクトル追跡アニメをfbx形式で出力できます。高度なレンダリングができるモデリングソフトにインポートすれば、さらにクオリティの高いアウトプットを実現できます。

株式会社ゼンリン提供:3D都市モデルデータ 渋谷周辺

キーフレームアニメ

結果表示状態、視点方向などを時間とともに変化させられる「キーフレームアニメ」が作成できるようになりました。

より美しく見せる結果表示

FlowDesigner2017では、モデル形状・解析結果をより美しく見せる機能が強化されました。オブジェクトにテクスチャ・背景をつける、オブジェクト・流線・パーティクルなどの質感の調整などが可能になり、よりリアリティのある結果表現が可能となりました。

バージョンアップによる結果表示の遷移

結果表示がどのように表示されるのか、動画でご確認いただけます。

オフセット断面機能

オブジェクトと同じ形状で、オブジェクト表面から指定した距離に断面を作成できる「オフセット断面」機能が追加されました。この機能により、地形表面から1m(メートル)のコンター表示、人間の形をしたコンター表示などより解析の目的にあった結果表現が可能となりました。

  • 地形オブジェクトを指定してコンター表示

  • 人型のオブジェクトを指定してコンター表示

3.より直感的に~VR(バーチャルリアリティ)~

モデル形状・解析結果をVR(バーチャルリアリティ)空間内に映し出し、あたかも自分がその空間に入り込んでいるかのような感覚で、風の流れ・湿度分布などをご確認いただけます。VR空間では解析結果をただ眺めるだけではなく、手や体を動かして空間内を自由に移動できたり、その場で見たい結果情報を自由に選択できます。

風・温熱環境設計において、設計者同士の情報共有や解析に詳しくないクライアントへのプレゼンなどの場で、施工前の建物でも直感的に分かりやすく解析結果を伝えられます。