妥当性を判断する為の公差解析

公差によるアセンブリ全体の寸法のばらつきを確認

理論的に算出された結果から各部品の公差設定を検証。

Professionalに搭載されているTolanalystは、寸法公差を持つ部品を積み上げた場合の全体のばらつきと最悪のケースを算出し、その際どの寸法公差が全体のばらつきに影響するか判断することができます。

全体のばらつきは統計学に基づいた考え方(2乗平均による)から算出されます。同時に全体の積み上げ公差も計算し、積み上げ最大のケースおよび最小のケース、基準寸法にばらつきを足したケースおよび引いたケースの4種類が計算されます。これにより公差の妥当性を理論的に評価できます。

お知らせ

もっと詳しく学べるチャンス! 公差に関する研修・講習のお知らせ

導入の前に・・・ 操作画面を見てみませんか?

大塚商会では、お客様とエンジニアのマシンをつなぎ、CADの操作をご覧いただく無料オンラインデモを実施しています。

  • 見たい機能を実際の操作画面を見ることができる。
  • その場でご質問・返答も可能。

オンラインデモデーのご案内

オンラインデモデー開催日

実施日

  • * 既にお持ちの製品に関する質疑応答は、お受けしかねます。ご了承ください。