• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

3次元で必要となるハードウェアとは?

3次元CADの性能を最大限に発揮できるハードウェアを選ぼう

3次元CADで必要となるハードウェアはいわゆる「ワークステーション」になります。

ワークステーションは、PCよりも高性能かつ信頼性の高いプロセッサーや3Dグラフィックスを採用し、それらが安定稼動するための筐体設計を行っています。また、設計者やデザイナーが使用するアプリケーションがトラブルがなく安心してご利用いただけるようにソフトウェアメーカーが認証したものを搭載しています。

初期導入コストはPCよりも高くなりますが、スペシャリストが生み出すものはそのコスト差をはるかに上回る価値があります。安定した作業環境を構築することで生産性を高めることができるのです。

記事一覧

多摩美術大学環境デザイン学科が選んだワークステーションとは?
多摩美術大学八王子キャンパスにあるCAD実習室には、100台近いワークステーションを設置・運用しています。このワークステーションを2018年度からWindowsへ移行することとなり、新たな端末としてレノボの「ThinkStation P320 Tin...
こんなに違うの!?グラフィックスカードで仕事革命
まずは1本の動画をご覧いただきたい!CIMソフトAutodesk InfraWorksを動かしていているAさんとBさん。明らかに操作スピードに違いがあります。その原因はグラフィックスカードにありました。
ワークステーションとパソコンの違いとは?
CPU、メモリ、ハードディスクなどスペック面で共通点が多いワークステーションとパソコンですが、CADを利用する上で、ワークステーションを選択するメリットはどこにあるのでしょうか。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP