Rebro

BIM対応建築設備専用CADソフト

早期にBIM総合図(属性を持った3Dモデル)を作成することで、施主と設計者、設計者と施工者、建築(意匠・構造)と設備など物件に携わる人の間で正確にすばやく合意形成を図ることができます。特に設備では躯体と設備の干渉や施工手順の問題点が明確になり、手戻りを減らすことにつながります。Rebroは3Dモデルのため平・断面が常に連動しており、一カ所に加えられた修正は瞬時に関連データに反映されます。また、BIM総合図からは必要に応じて、スリーブ図、見積り図、2Dの設計図、施工図など図面情報を取り出せます。

関連図

Rebroは他のCADで作成された3D建築データを取り込み、電気配線作図や勾配計算、干渉検査などに活用できます。

Rebro関連図

Rebroの価格や動作環境はどうなっていますか?

Rebroの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

Rebro 導入事例