IT導入補助金 対象製品

Rebro

BIM対応建築設備専用CADソフト

早期にBIM総合図(属性を持った3Dモデル)を作成することで、施主と設計者、設計者と施工者、建築(意匠・構造)と設備など物件に携わる人の間で正確に素早く合意形成を図ることができます。特に設備では躯体と設備の干渉や施工手順の問題点が明確になり、手戻りを減らせます。

Rebroは3Dモデルのため平・断面が常に連動しており、一カ所に加えられた修正は瞬時に関連データに反映されます。BIM総合図からは必要に応じて、スリーブ図、見積図、2Dの設計図、施工図など図面情報を取り出せます。

製品特長

Rebro 2021がリリース

2021年3月に「Rebro 2021」がリリースされました。耐震支持機能を強化が行われ、新機能「防火区画」に対応しました。

建築CADで躯体の耐火属性を入力し、Rebroに取り込むと防火区画を自動生成します。区画貫通部の確認ができ、用途に応じた貫通処理の設定も容易です。防火区画貫通部を一括で自動処理するコマンドも用意しています。壁や床に設定した耐火構造の属性を色分け表示し、防火区画を見える化できます。

機能紹介

テレワークの利用にも

在宅勤務でも安心してご利用いただけるプランとコンテンツをご用意しています。

Rebroはインストールフリーの製品のため、職場のPC以外にも持ち出し用のノートPCや自宅のPCなど何台でもインストールできます。

製品特長

BIMデータ連携

Rebroで作成したBIMデータを二次的に活用することで、各アプリケーションの強みを活かせるだけではなく、生産プロセスに携わる関係者間のデータ連携がスムーズになり、業務効率化や生産性を向上することができます。

導入事例

Rebroをもっと知る