配水池の耐震設計計算

水道施設耐震工法指針(1997年、2009年)日本水道協会に準拠し、配水池の耐震設計計算を行うプログラムです。

設計可能な構造形式は1池タイプまたは2池併設タイプのRC構造による配水池で、内部構造は(1)内部に柱・迂流壁なし(2)内部に迂流壁あり(3)内部に柱ありの3タイプに対応可能です。

設置状態は地中設置、一部地中設置、地上設置に対応し、内水状態は2池満水、1池満水他空虚、2池空虚のそれぞれのケースを一括に設計可能としています。

設計の考え方は震度法および応答変位法に対応し、常時、レベル1地震時、レベル2地震時の検討が可能です。レベル2地震時の検討では、部材のM-φを考慮した曲げ剛性低減処理をプログラム内部で自動処理しています。また、Engineer's Studioへのエクスポート機能に対応しています。

動作環境

OSWindows 10
Windows 8
Windows 7
Windows Vista
CPUIntel Pentium III 800MHz以上
推奨:Pentium IV 3.0GHz以上
必要メモリー(OSも含む)推奨:2GB以上
必要ディスク容量約30MB以上 (インストール時)
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768以上
入力データ拡張子F7Y
ファイル出力F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、DOCX、PDF、JTD、JTDC
画像:3DS
ES:ES
他製品との連動Engineer's Studioと内部連携