BOXカルバートの設計・3D配筋

Advanced

鉄筋コンクリート式BOXカルバート、翼壁の設計計算、図面作成、設計調書出力を一連でサポート。

1~3連BOXカルバートの通常設計および地震時検討、1~2連BOXカルバートの限界状態設計、斜角付きBOXの設計、門形カルバートおよびウイングの計算が可能で、各種基準類の自動セット、自動配筋機能もサポート。

基礎形式は直接基礎、バネ基礎、杭基礎に対応。荷重は内外水位・任意荷重および活荷重、任意活荷重の考慮が可能。3連BOXまでの本体・翼壁、門形カルバートの一般図から配筋図、組立図、加工図、鉄筋表などを一括生成でき、SXF、DWG、DXF等のファイル出力にも対応。3D配筋機能、IFC、Allplan形式のファイル出力にも対応。

動作環境

OSWindows 10
Windows 8
Windows 7
Windows Vista
CPUPentium III 800MHz以上(推奨Pentium IV以上)
必要メモリー(OSも含む)256MB以上(推奨512MB以上)
必要ディスク容量約250MB以上(インストール時および実行時含む)
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768以上
入力データ拡張子F8B
旧データ:BIW、ABIW
ファイル出力HTML、3DS、VRML、PSX、SFC、P21、TSD、DWG、DXF、JWW、JWC
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品の保存弾塑性地盤解析(GeoFEAS)2D地盤解析用地形データ(GF1)
Engineer's Studioデータ(ES)
UC-win / Road(3DS、VRML)
SI対応版 F8旧製品データ($o1)
UC-Draw(PSX、TSD)
備考帳票出力対応