二重締切工の設計・3D CAD

堤防開削する工事において河川堤防に代わる仮締切を鋼矢板二重式工法により施工する場合の設計、図面作成を行うプログラムです。

設計は「堤体の安定計算」「締切壁本体の照査」「引張部材の照査」「腹起し部材の照査」「遮水効果」などが可能です。

「鋼矢板二重式仮締切設計マニュアル 平成13年5月 (財)国土技術研究センター 山海堂」に準拠し、弾塑性法により断面力を算出しています。常時、地震時の円弧すべり計算に対応し、当社「斜面の安定計算」へのデータ連携が可能です。

図面は平面図(1堤体または3堤体)、側面図、数量表、設計条件表をサポートしています。

動作環境

OSWindows 10
Windows 8
Windows 7
Windows Vista
CPUPentium III 800MHz以上(推奨Pentium IV 3.0GHz以上)
必要メモリー(OSも含む)512MB以上
必要ディスク容量約120MB以上(インストール時および実行時含む)
ディスプレイ(画面解像度)1,024×768以上
入力データ拡張子F7N
旧データ:F8N
ファイル出力F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
画像:3DS
図面:SXF、DWG、DXF
他製品の保存UC-win / Road(3DS)
他製品との連携斜面の安定計算
備考帳票出力対応